イラン・イスラム共和国大統領サイード・イブロヒム・ライシとの会談後の記者会見でのスピーチ

18.09.2021 19:57

18.09.20, ドゥシャンベ市

報道関係者の皆様、ご来賓の皆様

まず最初に、タジキスタンに到着されたイラン・イスラム共和国のセイイェド・エブラーヒーム・ライースィー大統領閣下を改めて歓迎したいと思う。

また、閣下がイラン・イスラム共和国の最高位である大統領に選出されたことに改めて祝意を表するとともに、その立場で初めてタジキスタン共和国を訪問されたことに喜びを表明したいと思う。

今日、私たちは公式訪問のプログラムに沿って、友情と完全な理解の雰囲気の中で、実りある会合と会談を行った。

会談では、タジキスタンとイランの関係と協力に関する主要な問題について話し合った。

本日署名された新しいパッケージの協力文書が、両国の関係をさらに強化するためのより有利な基盤を作ることになると確信している。

我々の人民は、共通の時間を超越した歴史的、精神的、文化的価値を共有していることが指摘された。

我々は、この共通点が、友好関係と互恵的な協力関係をさらに発展させるための肥沃な土壌であるとの確信を表明した。

我々は、相互理解と信頼の雰囲気を構築するプロセスにおいて重要な役割を果たす、様々なレベルでの両国間の建設的な政治対話の強化とそのさらなる拡大への支持を表明した。

我々は、貿易・経済協力を拡大したいと考えており、二国間の貿易を改善するためにセクター構造を強化する必要性を強調した。

これらの目標を達成するために、我々は「2030年までのタジキスタンとイランの貿易・経済協力の長期プログラム」を作成し、署名することを当事者に提案した。

経済・貿易関係を強化する過程において、貿易・経済・技術・文化協力に関する合同委員会の役割は重要であると認識された。

同時に、貿易や投資の分野でも、両国のビジネス界の連携を強化することが望ましいと考えた。

インフラの整備や交通網の相互接続は、貿易や経済協力の拡大、貿易や人道的な接触の増加のために重要であることが指摘された。

我国は、既存の輸送条件を改善するための措置の継続、道路や鉄道の建設、およびそれらのイランの海港への接続への支持を表明した。

これに関連して、我々は、イラン・イスラム共和国のチャバハル港とバンダル・アッバス港の潜在的な物資輸送能力を活用するために、両国の関係機関が協力関係を強化する必要があることを指摘した。

我々は、タジキスタンとイランの間の文化的、科学的な協力を拡大することは自然なことだと考えた。

このような状況の中で、私たちは、観光開発のための法的・契約的枠組みの確立が急務であると考えた。

また、両国間の直行便や定期便、移動のシステムを改善するために必要な措置を講じるための時間的な要求であると考えた。

現在の爆発的な状況を考えると、安全保障協力の重要性を強調した。

一方で、隣国アフガニスタンの憂慮すべき状況にも注目した。

我々は、地域の安全保障にとって重要な要素であり、この国の完全な平和と安定を一日も早く望んでいる。

我国は、このプロセスを促進する用意があることを表明した。

同時に、我々は、社会のすべての層とアフガニスタンに住む様々民族のための包括的な政府を樹立することが、アフガニスタンの永続的な平和と安定の鍵であると考えている。

なお、昨日のパキスタン側との会談では、タジキ人をはじめとする他の民族が、包括的な政府の中で正当な地位を占めるべきだと強調した。

しかし、それがアフガニスタンの平和と安定を確保する唯一の方法であることは明らかである。

停戦を宣言し、人道的支援のための道を開くことで、パンジシャー地域の紛争と緊張を直ちに終結させることも、今日の最も重要な課題の一つとされている。

その中で、我々はこれらの目標を達成するためにあらゆる努力を結集し、ドゥシャンベ市でタジク人とタリバンの交渉を促進することに合意した。

我々は、国連がこのプロセスを推進する上で重要な役割を担っていると考える。

アフガニスタンに住むすべての民族・国家の利益が尊重され、国民全体の意思が尊重され、国際的に認められた基準の枠内で市民の権利が尊重され、認められなければならない。

我々は、このアプローチがアフガニスタンの平和と安定の回復に大きく貢献できると考えている。

我々、タジキスタンとイランは、共通の言語と文化を持つ隣国として、アフガニスタンの安全保障に最大の関心を持っている。

私は、アフガニスタンで1990年代のような規模の暴力や紛争が拡大すれば、同国の人道的災害を引き起こし、国民の生活を悪化させ、同国を国際テロリズムの中心地にしてしまう可能性があることを繰り返し述べたい。

アフガニスタンの不安定さは、地域や世界の安全と安定を著しく損なうものである。

誉れ高き会場の皆さん!

我々は、国際機関や地域組織におけるタジキスタンとイランの協力の状況とプロセスに満足していることを表明した。

我国は、イラン・イスラム共和国の上海協力機構への加盟プロセスが開始されたことを歓迎した。

また、上海協力機構の枠組みにおける両国の共同協力は、建設的な協力を強化するための新たな方法を見出すことに貢献するだろうとの確信が示された。

本日の合意事項を踏まえ、我々はライシ-閣下の訪問を、二つの友好国の関係における新たな段階の始まりと考えている。

ここで、来賓のイラン・イスラム共和国大統領、セイイェド・エブラーヒーム・ライースィー閣下にご挨拶を申し上げる。

ギャラリー

カレンダー

  • business-portal_thumb.jpg