ニュース及びイベント

  • ハイ レベル パネル ディスカッション「気候変動対策の実施」
    27.10.2021 尊敬する議長、 ご来場の皆様! タジキスタンは、国土の93%が山地で占められており、その難しい地理的条件から、気候変動に対して世界で最も脆弱な国の一つである。 我が国の氷河は急速に融解し、水資源は日に日に枯渇し、洪水や干ばつなどの水文気象現象が増加し、毎年、経済に大きな損害を与え、持続可能な開発を達成するための努力を妨げている。 その意味で、気候変動が水資源に与える直接的な影響は明らかであり、この問題は国際社会、特に気候変動枠組条約の指導者たちが注目すべき問題であることを、私は改めて強調したいと思う。 この機会に、2025年を「国際氷河保護年」として宣言し、「世界氷河の日」を特定の日に設定するというタジキスタンの提案を改めてご紹介したいと思う。 タジキスタンは、国際社会に対して、清潔な水の主要な供給源である氷河を保護するための実践的な対策に、共同で努力と資源を動員することができる「国際氷河基金」の設立を繰り返し求めてきた。 最近、世界気象機関と国連水資源機関が、いくつかのパートナー国からの強力な支援を受けて、気候変動、飲料水資源の制限、水質の悪化に対処するための統合的なアプローチを提供する新しいイニシアチブを開始したことは心強いことである。 タジキスタンは、国や地域レベルでの水資源の合理的かつ効率的な利用に特に重点を置き、統合的な水資源管理への完全な移行に向けた努力を続ける。 同時に、タジキスタンは、国際行動の10年「持続可能な開発のための水、2018-2028」の発起人であり、「アラル海を救うための国際基金」の議長国として、この国際的な枠組みやその他の重要な国際的な枠組みにおいて、気候変動が優先されることを確認している。 ご来場の皆様、 同時に、世界の廃棄物に占めるタジキスタンの割合が0.0003%と低いレベルであることから、地球温暖化防止に対するわが国の貢献はプラスであることを指摘したい。 しかし、パリ協定では、タジキスタンは温室効果ガスの排出量を1990年比で80〜90%増加させないことを自主的に約束している。 国際社会の支援があれば、この数字は元の数字の65〜75%まで減らすことができる。 排出量の削減は、主に大規模な再生可能エネルギー、特に水力発電と太陽エネルギーの継続的な利用によって達成される。 この2種類のエネルギーを統合的に利用することで、クリーンな再生可能エネルギーの生産量を増やすことができるだけでなく、国内の水資源の持続可能な利用にも貢献することができる。 温室効果ガスの排出量をゼロにするという国際社会の取り組みを踏まえ、私たちは2050年までにグリーンエネルギーの生産能力を2倍にすることを目指している。 なお、タジキスタンは現在、電力の98%を水力発電所で賄っており、グリーンエネルギーの生産・利用率では世界第6位となっている。 特に3,600メガワットのログン水力発電所をはじめとする新しい水力発電施設の建設により、このランキングでは2つ順位を上げることになる。 また、タジキスタンが森林再生と林業拡大プログラムを実施するために努力していることにも注目したいと思う。 パリ協定に基づき、タジキスタンは最近、国の温室効果ガス排出量の新しいモデルを作成し、国連気候変動枠組条約事務局に提出した。 最後に、資本や科学技術といった必要な資源がない状態で目標を達成するには、何年もかかる可能性があることを指摘しておきたいと思う。 そのため、多くの開発途上国にとって、この分野での国際社会からの支援は、これまで同様、喫緊の課題となっている。 ご静聴どうもありがとうございます。
    27.10.2021 21:08
  • フランス共和国ギメ美術館で開催された「タジキスタン-黄金の川の国」と題したタジキスタンの展示会のオープニングセレモニーに参加
    13.10.2022, フランス 10月13日、タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領とフランス共和国エマニュエル・マクロン大統領が、フランス共和国ギメ美術館で開催された「タジキスタン-黄金の川の国」と題されたタジキスタン展示品展の開会式に出席した。 このイベントは、両国の文化協力強化の一環であり、各国首脳が文明と民族の和解に向けて大きく貢献するものである。 まず、タジキスタン共和国エモマリ・ラフモンが、タジキスタン歴史展示会の開会式にフランス共和国大統領を迎え入れた。 タジキスタンとフランスの文化的な関係は、他の協力分野と同様に、国際的な規範と相互利益の認識に基づいており、着実に発展していることに留意すべきである。 タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領は、フランス共和国エマニュエル・マクロン大統領がタジキスタンとフランスの関係を包括的に発展させるために尽力し、今日の展示会を開催したことに感謝を表した。 このイベントをきっかけに、両国の博物館の関係が確立され、この分野での協力がさらに拡大することが期待されている。 タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領とフランス共和国エマニュエル・マクロン大統領は、「タジキスタン-黄金の川の国」と題された展示会のユニークな展示物を見学した。 タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領は、ランス共和国エマニュエル・マクロン大統領に、栄光あるタジク人の歴史と文明、人類文明の発展に対するタジク人の傑出した息子たちの貢献、歴史的モニュメント、さまざまな世紀におけるタジクの国家像、タジキスタンの豊かな土地の古代性を紹介した。 ご存知の通り、タジク人は文明人であり、人類の共通の歴史の中で価値ある地位を占めている。 歴史的な調査結果によると、タジク人の古代の文化的・芸術的遺産は、紀元前4千年にまで遡ると言われている。 フランスをはじめとするヨーロッパ諸国の人々は、ユネスコの世界遺産に登録されている古代都市サラズムの新石器時代と青銅器時代のモニュメントを見る機会がある。 この展示により、ヨーロッパの人々は美しい山岳地帯にあるこの国についてより深く知ることができ、タジキスタンとフランスの協力関係を促進することができまる。 なお、タジク人の豊かな古代の歴史と文明、ユニークな芸術を表現するために、タジキスタン国立博物館とタジキスタン国立考古学博物館から211点の芸術作品がギメ美術館に持ち込まれ、フランス人にその自然の美しさとユニークな歴史を披露したのである。 タジキスタン国家の価値あるプレゼンテーションとして、タジキスタンの歴史的・観光的名所や、タジク人のユニークな歴史的・文化的遺産の写真やビデオを紹介している。 この展覧会の来場者は、「ゾロアスター教」、「アケメネス朝」、「グレコ・バクトリア国」、「クシャーン帝国」、「サーサーン朝」など、タジク人の様々な歴史的時代を通して、精神世界を豊かにする機会を得ることができる。 この展覧会の特徴は、展示されている遺物が現在のタジキスタン共和国の領土内のものである。 現在までに、ヨーロッパ大陸で西欧諸国に紹介されるタジキスタンの展覧会としては最大規模のものである。 ギメ - パリの東洋美術館は、19世紀後半に大富豪の実業家エミール・ギメによって設立された。 1879年にリヨンで開館した後、パリに移転した。アジア最大級の工芸品が展示されている。
    14.10.2021 20:23
  • ベルギーのフィリップ国王陛下との会見
    2021.12.10, ベルギー 10月12日、ベルギー王国の首都ブリュッセルで、タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンが、ベルギーのフィリップ国王陛下と会った。 今回の会談では、ベルギーとの互恵的な二国間協力とEU内での多国間関係の拡大に焦点が当てられた。 冒頭、タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、ベルギー側の温かい歓迎と真心のこもったおもてなしに感謝した。 タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、これまでのベルギー王国訪問、特にアルベール2世陛下との初会談を懐かしく思いながら、ベルギー王国はヨーロッパの重要な国であり、友好的な国であり、ヨーロッパにおけるタジキスタンの信頼できるパートナーであると強調した。 二国間協力のさらなる発展と拡大に関しては、エネルギー分野、様々な分野、タジキスタン経済への近代技術の導入などが、両国のパートナーシップの有望な分野として挙げられた。 会談では、地域レベルでの二国間関係についても話し合った。 地球規模の課題に対処するための相互の取り組みを支援するために、タジキスタンは2019年から2020年にかけての国連安全保障理事会の非常任理事国の後継者としてベルギーを指名し、ベルギー王国は逆にタジキスタンの地球規模の水や気候に関する国際的な取り組みを支援していることが紹介された。 タジキスタン、アフガニスタン、中央アジアのためのEUプログラムとプロジェクトの採択を歓迎した。 安全保障問題に関する議論では、中央アジアの安全を確保し、アフガニスタンの平和と安定を確立し、その平和的発展のために好ましい条件を整えることについて意見交換が行われた。 中央アジア諸国の安全保障は、アフガニスタンの平和と安定に直結していることが強調された。 また、タジキスタンはこの隣国の平和と安定の早期回復を支持しており、国連はこのプロセスを進める上で重要な役割を果たすべきであると指摘された。 タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、アフガニスタンにおける包括的政府の樹立に対するタジキスタンの確固たる姿勢を改めて表明し、両者は同国に平和と安定をもたらすための効果的な方法について議論した。 この文脈で、双方はアフガニスタンの問題に取り組み、テロリズム、過激主義、麻薬密売、サイバー犯罪、その他の国際組織犯罪の危険な現象など、現代の脅威や課題に共同で対処する用意があることを表明した。 会談の最後に、タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、ベルギーのフィリップ国王陛下をタジキスタンに公式訪問するよう招待した。
    13.10.2021 13:33
  • タジキスタン共和国大統領と欧州委員会副委員長、欧州連合外務・安全保障政策上級代表との会談
    2021年10月11日、タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、ブリュッセルで欧州委員会副委員長兼欧州連合外務・安全保障担当上級代表のジョゼップ・ボレルと会談した。 今回の会談では、タジキスタンと欧州連合の協力関係に焦点が当てられた。 タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、協力関係の発展に満足していることを表明し、EUは国際舞台におけるわが国の重要なパートナーであることを強調した。 会談では、経済や貿易などの有望分野での協力強化、教育や健康、地域開発などの様々な人道的・文化的分野での有益なプロジェクトの実施などが話し合った。 経済協力の全面的な発展は、タジキスタンとEUの関係における最も重要な側面の一つであることが強調された。 これに関連して、CASA-1000プロジェクトや「グリーン経済」の創出など、エネルギー分野での協力のレベルと内容に満足していることを表明し、さらなる拡大の必要性を強調した。 また、タジキスタンと欧州連合(EU)との間の協力・パートナーシップ協定の実施や、タジキスタンの関税恩典制度への加盟など、採択された文書の実施は、関係をさらに強化するために必要であることが強調された。 それに加えて、パンデミックコロナウイルスの撲滅に向けた協力、水資源の効率的な利用、気候変動、緩和、氷河の保護などについても意見交換を行った。 これらの会談の中で、タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、タジキスタン政府と国民を代表して、COVID-19の経済的・社会的影響に対処し、医療を強化するために1億1200万ユーロ以上を投じてタジキスタンを支援してくれた欧州連合に対して、深い感謝を表した。 また、欧州連合(EU)とその加盟国が、水問題と現代の最大の課題となっている気候変動の緩和に関するタジキスタンのグローバルな取り組みを支援していることに感謝を表した。 これに関連して、タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、タジキスタンが電力の98%を水力発電施設から生産していること、すなわち環境に優しい資源から生産していることを述べ、世界で6位、温室効果ガスの排出量では135位であることを明らかにした。 一方、ボレル氏は、水問題や気候変動の緩和に向けたタジキスタン側の重要な役割を称賛した。 また、EUは地域的な結びつきの強化に関心を持っており、ドゥシャンベで開催される予定のG5+1外相会談では、これらの問題が交渉の焦点となるだろうと述べた。 安全保障問題に関する議論では、両国、中央アジア地域全体およびアフガニスタンの安全と安定の強化に焦点が当てられた。 両者は、この分野での相互に有益な取り組み、特にBOMCAとCADAPプログラムの実施によるタジキスタンとアフガンの国境保護の強化について言及した。 会談の最後には、我が国と欧州連合の多面的な協力関係が今後も拡大していくことへの確信が示された。
    12.10.2021 18:39
  • シャルル・ミシェルEU理事会議長との会談
    2021.10.11、ベルギー 平和と国民統合の創始者であり、タジキスタン共和国のエモマリ・ラフモン大統領は、10月11日、ベルギーのブリュッセルで、シャルル・ミシェル欧州理事会議長と会談した。 エモマリ・ラフモン大統領は、暖かい歓迎に感謝するとともに、今回の会談の結果がタジキスタンとEUの多面的な協力関係に大きな弾みをつけることになると自信を示した。 会談では、工業、鉱業、インフラ、水力発電、農業、観光などの分野での協力関係の強化・拡大について議論し、未開発の可能性の活用について意見交換を行った。 強化されたパートナーシップ・協力協定の準備と締結は、双方に利益をもたらすとともに、中央アジアに対する新しいEU戦略の目標となる実施にも役立ち、統合の意図を実現する上での多年次指示的プログラム2021-2027の役割は重要であると考えられた。 会談では、エネルギー、水資源、気候変動と緩和、教育関係、二国間安全保障協力などの有望分野での関係拡大についても話し合った。 その際、アフガニスタンを中心とした地域の話題性のある問題に特に注目した。 会談の最後に、エモマリ・ラフモン大統領は、シャルル・ミシェル欧州連合理事会議長をタジキスタンに公式訪問するよう招待した。
    11.10.2021 20:45
  • 第76回国連総会一般討論会におけるタジキスタン共和国大統領の演説
    尊敬する議長、 事務局長殿、 ご来場の皆様、 はじめに、国連総会の通常総会議長であるアブドゥロ・シャヒードの当選にお祝いを申し上げる。 同僚の皆様、 9月9日、タジキスタンの輝かしい人々は、国家独立30周年という歴史的で記念すべき出来事を祝いした。 独立当初、わが国は押し付けられた内戦という悲惨な出来事に直面し、困難な日々を経験した。 戦争を終わらせ、戦争当事者をまとめ、平和と安定を確保すると同時に、世界の国々との外交関係と建設的な協力関係を築くことが、私たちの最大の目標であった。 困難にもかかわらず、開放的で平和的な政策のおかげで、私たちは世界の舞台で正当な位置を占め、国の持続的な発展を確保することができた。 同僚の皆様、 現代の世界のただでさえ不安定な状況は、地政学的・地経済的な競争や、脅威や危険のレベルの高まり、さらには感染症の前例のない広がりによって、さらに複雑なものとなっている。 このような状況は、現代の課題に対処するためにビジョンを持って協調した政策を追求する国家の責任を倍加させる。 国際機関や地域組織、特に国連とその専門機関の役割は、現代世界の問題に対する効果的な解決策を見出すための鍵となる。 尊敬する議長、 最近のアフガニスタンの情勢は、政治的、人道的、統治的に深刻な危機をもたらしており、地域の安全と安定に対する深刻な脅威となっている。 タジキスタンと1,400キロの国境を共有するアフガニスタンの危機的状況は、我が国の政府と国民が無関心ではいられない。 国連安全保障理事会がテロリストグループに指定しているタリバンの台頭は、ただでさえ複雑なこの地域の地政学的なプロセスをさらに複雑にしている。 タリバンは、アフガンの政治的・民族的な勢力が幅広く参加する包括的な政府を樹立するという以前の約束を果たせず、深刻な懸念を抱いている。 タジキスタンは、アフガニスタンの人々に対するあらゆる形態の無法状態、殺人、略奪、抑圧を強く非難する。 残念ながら、他の民族の権利やアフガニスタン市民、特に女性や子どもの自由が侵害されていることについて、人権団体は沈黙を守り、コメントを出さない。 現在、アフガニスタンのパンジシェール州で、国際的な人権侵害の悲劇を目の当たりにしている。 パンジシェールの人々は、食料などの基本的な生活必需品や人道的援助へのアクセスを拒否されており、国連や赤十字国際委員会でさえ、人道的な義務を果たすためにパンジシェールに入ることができない状態が続いている。 現在の状況は人道的な災害である。 アフガニスタンにおける民族間の争いや民族集団の激化も、隣国の政治・安全保障状況をさらに不安定にする要因となっている。 そのためには、アフガン社会のすべての層が参加する包括的な対話が、この国の永続的な平和と安定のための重要な条件となる。 この点において、アフガニスタンの人口の46%以上を占めるタジク人は、同国の他の民族とともに、国家統治において正当な地位を占める権利を有しているのである。 尊敬する議長、 我々はアフガニスタンの内政に干渉するつもりはない。 しかし、隣国の政治・安全保障上の問題に適切に対処するためには、選挙とその国の人々の意思によって、すべての政治グループと国家・民族的な少数派を巻き込んだ包括的な政府が形成される必要があると考えている。 つまり、国民投票によって、この国のすべての国民の立場を考慮した上で、この国の権力構造を決定することが必要だと考えている。 なぜなら、アフガニスタンのすべての人々の利益を考慮せずにいかなる政府を形成することは、同国に悲惨な結果をもたらすからである。 40年以上にわたる戦争と不安定な状況の中で、アフガニスタンの人々に罪はないが、アフガニスタンは地政学的なゲームの遊び場になっており、2001年9月の悲劇的な出来事を通じて、その結果を世界はよく知っている。 長い間苦しめられてきたアフガニスタンと、その友好的で兄弟愛に満ちた人々は、血まみれの押し付けられた戦争の奈落の底に再び沈んではならない。 これをもとに、国際社会は、アフガニスタンとその近隣諸国の人々や国家の窮状に無関心であってはならない。 外国軍の撤退という無謀な決断による軍事的・人道的な問題を抱えているため、その道のりは長い。 近い隣国として、私たちは常にアフガニスタン問題の包括的な解決と、同国に恒久的な平和と安定を取り戻すことを提唱してきたし、今後もこの点を堅持していく。 そこで我々は、国際社会に対し、困難な政治・治安状況を安定させ、平和的な手段によりアフガニスタンの平和と安定を確保するために、可能な限り早急に効果的な措置をとることを求める。 タジキスタンは、国際機関、特に国連と赤十字国際委員会に対して、アフガニスタンの人々への即時支援を繰り返し求めてきた。 私たちは、国連がこのプロセスを推進する上で重要な役割を担っていると考えてる。 同僚の皆様、 アフガニスタンの平和な人々は、今日、恐ろしい暴力に直面している。 この状況は外部から組織され、アフガンの人々に押し付けられたものであることを理解しなければならない。 今回は、アフガニスタンの国家保安部隊や公務員の元メンバーである民間人が虐殺されたということである。 様々なテロリストグループが、アフガニスタンの不安定な軍事的・政治的な状況を積極的に利用し、自分たちの立場を強化している。 私たちは、イギルやアルカイダなどのテロリストグループのメンバーが何千人も拘置所から解放されるのを目撃してきた。 つまり、アフガニスタンが再び国際テロの温床となる危険な道を歩んでいることは憂慮すべきことであり、残念なことである。 「タジキスタンは、その地理的な位置関係から、テロリズム、過激主義、急進主義、麻薬密売、その他の国際組織犯罪などの現代的な脅威や課題への対策の最前線にあり、これらの蔓延を防止するための努力を継続し、このプロセスにおける国際社会の支援が重要であると考えている」と述べた。 同僚の皆様、 タジキスタンは、包括的で永続的な平和と安定を確保するために、パートナーや国際機関、特に関連する国連機関との継続的な共同対策を行っている。 2016年から2020年のテロリズムと過激主義の撲滅に関するタジキスタン共和国の国家戦略が成功裏に実施されたことで、今後5年間のタジキスタンにおけるテロリズムと過激主義の撲滅に関する新たな戦略の開発と採択に向けて、有利な基盤が作られた。 国際的なテロリストの資金源のひとつとなっている麻薬、向精神薬、前駆体の不正取引に対抗するには、国際社会の共同行動と協調した取り組みが必要である。 タジキスタン共和国は、2020年までの麻薬取引撲滅のための国家戦略を実施することで多くの経験を積んできたが、地域や国際レベルでもこの好ましくない現象との戦いに貢献している。 この現象に対処するための現代的なアプローチと方法を考慮し、この点に関して効果的な政策を実施するために、今年の前半に「2021-2030年の国家薬物統制戦略」を採択した。 尊敬する議長、 私たちタジク人は、平和の価値と、それを守る必要性と重要性を十分に認識している。 この点について、私たちは、同国の国連との協力関係における前向きな経験を評価する。 そのため、タジキスタンは国際連合の平和維持活動を常に支持しており、今後も紛争地域における平和と安定の回復と維持に貢献するための努力を続けていく。 今後、国連平和維持活動局の協力を得て、このプロセスに貢献する当社の役員を増やしていきたいと考えている。 さらに、国連安全保障理事会の目標と目的に貢献し、安全保障上の脅威に対抗し、交渉によって完全な平和と安定を回復したタジキスタンの豊富な経験を共有するため、2028年から2029年までの非常任理事国に我が国を推薦することを決定した。 この点において、私たちはすべての国連加盟国と協力する用意があり、タジキスタンの立候補を支持してくれることを期待している。 同僚の皆様、 新型コロナウイルスの病気とそのより危険な拡大の波は、上述の安全保障上の脅威や現在の問題と合わせて、引き続き私たちの関心事となっている。 もともと健康上の問題から始まったこの病気は、今や世界的な経済危機にまで発展している。 パンデミックによる経済的・社会的な悪影響を克服するためには、各国の協力が重要であることを認識し、タジキスタン共和国は、国連事務総長が発表した新型コロナウイルスの拡大に対応するための包括的行動計画を歓迎する。 また、世界保健機関(WHO)をはじめとするさまざまな国連機関、基金、プログラムが、この病気に対するワクチンを提供し、加盟国に緊急および長期的な支援を行っていることを歓迎する。 各国の経済・財務状況や新型コロナウイルスの悪影響により、特に途上国や低開発国では、持続可能な開発目標のタイムリーな実施が遅れている。 したがって、目標を効果的かつタイムリーに達成するための国連の重要な役割を認識し、国際行動の10年「持続可能な開発目標、2020-2030」が、気候、貧困、ジェンダー不平等、資金調達などの地球規模の課題に対処する効果的な方法を見出すことができると確信している。 同僚の皆様、 また、気候変動の課題は、タジキスタンをはじめとするさまざまな国で、持続可能な開発目標の達成を阻む深刻な障害となっている。 領土の93%を山岳地帯が占めるタジキスタンは、他の地域の国々とともに、水循環の変化によって深刻な洪水や干ばつが発生し、水資源やエネルギー資源、食料安全保障に影響を及ぼすことを懸念している。 残念ながら、我が国では毎年、水関連の災害によって何億ドルもの損失が発生しており、ほとんどの場合、災害によって人命が失われ、重要なインフラが破壊されている。 本日は、国連気候変動条約第26回締約国会議の前夜祭である。 今回の会議は、パリ協定の目標を達成し、気候変動に対する国際社会の取り組みを加速させることに大きく貢献するものと確信している。 その結果、氷河が溶けてしまうという深刻な事態が発生している。 気候変動や未曾有の地球温暖化の結果、タジキスタンの山岳地帯にある13,000個の氷河のうち、1,000個以上が完全に溶けてしまった。 入手可能な統計によると、タジキスタンのフェドチェンコ氷河だけでも、ここ数十年で11平方キロメートル縮小し、2立方キロメートルの氷が失われている。 中央アジアの水資源の最大60%がタジキスタンの氷河からもたらされているにもかかわらず、である。 我が国の二酸化炭素排出量は世界135位で、電力の96%を水力発電所でまかなっている。 私はそのような国の大統領として、国際会議で気候変動の解決に向けた具体的な提案を繰り返し行ってきた。 このような背景から、私は「世界水・気候連合」の創設メンバーとして、その最初のハイレベル会合で、2025年を「国際氷河保護年」とすることを提案した。 この取り組みにより、水と気候の問題や氷河の融解について、世界的に注目されるようになると確信している。 この地球規模の問題を包括的に調査し、効果的な解決策を提案するためには、国連の下で「氷河保護のための国際基金」を設立することも一案である。 尊敬する議長、 タジキスタンは、世界開発アジェンダにおける水と気候の問題を推進し、これらの問題に関する関連する国連決議を提出することで、このプロセスを認識し、貢献している。 現在、タジキスタンが主導し、国連が立ち上げた国際行動の10年「持続可能な開発のための水、2018-2028年」が進行中である。 国際社会は、2023年にニューヨークで開催される「10年の包括的中間見直しに関する国連会議」を心待ちにしている。 今から約50年後、この会議は2回目の水に関する国連特別会議となり、世界の開発アジェンダと持続可能な開発目標の達成において、水問題が重要な役割を果たしていることが改めて示される。 この重要な国際フォーラムの共同議長に、タジキスタンがオランダ王国とともに選ばれたことを誇りに思う。 この点について、私たちは、オランダ王国や国連経済社会局などのパートナーとともに、すでに準備を始めており、包括的なハイレベル会議の開催に向けて歩みを進めている。 すべてのステークホルダーの皆様に、積極的なご協力をお願いする。 なお、2022年には「国際行動の10年『持続可能な開発のための水』」のハイレベル国際レビュー会議も開催される。 今回のフォーラムが、2023年の「水の祭典」に向けて重要な役割を果たすことを確信している。 私はこの機会に、我が国があらゆるレベルで、特に国連と協力して水と気候の問題を推進する意思があることを改めて表明する。 ご清聴ありがとうございました。
    25.09.2021 18:52
  • イラン・イスラム共和国大統領サイード・イブロヒム・ライシとの会談後の記者会見でのスピーチ
    18.09.20, ドゥシャンベ市 報道関係者の皆様、ご来賓の皆様 まず最初に、タジキスタンに到着されたイラン・イスラム共和国のセイイェド・エブラーヒーム・ライースィー大統領閣下を改めて歓迎したいと思う。 また、閣下がイラン・イスラム共和国の最高位である大統領に選出されたことに改めて祝意を表するとともに、その立場で初めてタジキスタン共和国を訪問されたことに喜びを表明したいと思う。 今日、私たちは公式訪問のプログラムに沿って、友情と完全な理解の雰囲気の中で、実りある会合と会談を行った。 会談では、タジキスタンとイランの関係と協力に関する主要な問題について話し合った。 本日署名された新しいパッケージの協力文書が、両国の関係をさらに強化するためのより有利な基盤を作ることになると確信している。 我々の人民は、共通の時間を超越した歴史的、精神的、文化的価値を共有していることが指摘された。 我々は、この共通点が、友好関係と互恵的な協力関係をさらに発展させるための肥沃な土壌であるとの確信を表明した。 我々は、相互理解と信頼の雰囲気を構築するプロセスにおいて重要な役割を果たす、様々なレベルでの両国間の建設的な政治対話の強化とそのさらなる拡大への支持を表明した。 我々は、貿易・経済協力を拡大したいと考えており、二国間の貿易を改善するためにセクター構造を強化する必要性を強調した。 これらの目標を達成するために、我々は「2030年までのタジキスタンとイランの貿易・経済協力の長期プログラム」を作成し、署名することを当事者に提案した。 経済・貿易関係を強化する過程において、貿易・経済・技術・文化協力に関する合同委員会の役割は重要であると認識された。 同時に、貿易や投資の分野でも、両国のビジネス界の連携を強化することが望ましいと考えた。 インフラの整備や交通網の相互接続は、貿易や経済協力の拡大、貿易や人道的な接触の増加のために重要であることが指摘された。 我国は、既存の輸送条件を改善するための措置の継続、道路や鉄道の建設、およびそれらのイランの海港への接続への支持を表明した。 これに関連して、我々は、イラン・イスラム共和国のチャバハル港とバンダル・アッバス港の潜在的な物資輸送能力を活用するために、両国の関係機関が協力関係を強化する必要があることを指摘した。 我々は、タジキスタンとイランの間の文化的、科学的な協力を拡大することは自然なことだと考えた。 このような状況の中で、私たちは、観光開発のための法的・契約的枠組みの確立が急務であると考えた。 また、両国間の直行便や定期便、移動のシステムを改善するために必要な措置を講じるための時間的な要求であると考えた。 現在の爆発的な状況を考えると、安全保障協力の重要性を強調した。 一方で、隣国アフガニスタンの憂慮すべき状況にも注目した。 我々は、地域の安全保障にとって重要な要素であり、この国の完全な平和と安定を一日も早く望んでいる。 我国は、このプロセスを促進する用意があることを表明した。 同時に、我々は、社会のすべての層とアフガニスタンに住む様々民族のための包括的な政府を樹立することが、アフガニスタンの永続的な平和と安定の鍵であると考えている。 なお、昨日のパキスタン側との会談では、タジキ人をはじめとする他の民族が、包括的な政府の中で正当な地位を占めるべきだと強調した。 しかし、それがアフガニスタンの平和と安定を確保する唯一の方法であることは明らかである。 停戦を宣言し、人道的支援のための道を開くことで、パンジシャー地域の紛争と緊張を直ちに終結させることも、今日の最も重要な課題の一つとされている。 その中で、我々はこれらの目標を達成するためにあらゆる努力を結集し、ドゥシャンベ市でタジク人とタリバンの交渉を促進することに合意した。 我々は、国連がこのプロセスを推進する上で重要な役割を担っていると考える。 アフガニスタンに住むすべての民族・国家の利益が尊重され、国民全体の意思が尊重され、国際的に認められた基準の枠内で市民の権利が尊重され、認められなければならない。 我々は、このアプローチがアフガニスタンの平和と安定の回復に大きく貢献できると考えている。 我々、タジキスタンとイランは、共通の言語と文化を持つ隣国として、アフガニスタンの安全保障に最大の関心を持っている。 私は、アフガニスタンで1990年代のような規模の暴力や紛争が拡大すれば、同国の人道的災害を引き起こし、国民の生活を悪化させ、同国を国際テロリズムの中心地にしてしまう可能性があることを繰り返し述べたい。 アフガニスタンの不安定さは、地域や世界の安全と安定を著しく損なうものである。 誉れ高き会場の皆さん! 我々は、国際機関や地域組織におけるタジキスタンとイランの協力の状況とプロセスに満足していることを表明した。 我国は、イラン・イスラム共和国の上海協力機構への加盟プロセスが開始されたことを歓迎した。 また、上海協力機構の枠組みにおける両国の共同協力は、建設的な協力を強化するための新たな方法を見出すことに貢献するだろうとの確信が示された。 本日の合意事項を踏まえ、我々はライシ-閣下の訪問を、二つの友好国の関係における新たな段階の始まりと考えている。 ここで、来賓のイラン・イスラム共和国大統領、セイイェド・エブラーヒーム・ライースィー閣下にご挨拶を申し上げる。
    18.09.2021 19:57
  • アフガニスタン問題に関する仮想会議への外務大臣の参加
    2021年9月8日、タジキスタン共和国の外務大臣 シロジッディン・ムフリッディンが、アフガニスタンの問題に捧げられた会議に参加した。  この会議は米国とドイツによって開始され、オーストラリア、バーレーン、カナダ、フランス、インド、イタリア、日本、クウェート、ノルウェー、パキスタン、カタール、韓国、サウジアラビア、スペイン 、トルコ、トルクメニスタン、アラブ首長国連邦、英国の外相およびEU、NATO、国連の代表らが出席した。 会議中、難民問題、テロとの闘争、アフガニスタンの人々に関する人道支援の提供、そしてこの国の人道的な大惨事を防ぐために国々の協力焦点を合わせた。 特に、タジキスタン共和国の外務大臣は発表の中で、「世界社会は、20年間アフガニスタンの秩序を回復することができず、この国に数万人のテロリストを「遺産」として残している」と強調した。 この国は混沌の温床になっている。 このような状況で、この国と長く脆弱な国境を接しているタジキスタンはどうなるべきだろうか。 タジキスタン共和国の外務大臣は発表の中で、パンジシールで進行中の敵対行為の問題も提起した。 彼は、「タリバンが第三国の助けを借りてパンジシールを攻撃するために航空機を使用し、多数のタジク人を殺害した」と付け加えた。 これに関して、タジキスタン共和国の外務大臣は、国際社会に対し、タリバンに影響を与え、現在の危機に対する政治的な解決策を見つける手助けをするよう求めた。 外務大臣は、タジキスタン共和国は、アフガニスタンのタジク人が正当な地位を占める。すべての民族グループの参加を得て、包括的な政府のみを支援することを強調した。
    08.09.2021 20:09
  • 日本駐タジキスタン共和国大使との会談
    2021年9月2日、タジキスタン共和国外務大臣、シロジディン・ムフリディンは、日本駐タジキスタン共和国特命全権大使の宮下孝之と会談が行われた。 会談中、タジキスタン・日本両国の関係の様々な分野での問題について話し合った。 タジキスタンの開発戦略の優先分野の1つは教育と人材育成であることが指摘された。タジキスタン専門家が日本の様々な研修会に参加している。日本の人材育成奨学金プロジェクト(JDS)は、国際関係、法律、経済、経営の分野において若い専門家の能力を発達するために、積極的に貢献している。 会談後、タジキスタン共和国政府と日本政府との間で、日本人材育成奨学金プロジェクトに関する相互理解の署名交換式が行われた。
    02.09.2021 21:09
  • ミルゾ・トゥルスンゾダの生誕110周年の記念すべき年です
    今年は、タジキスタンを代表する詩人、タジキスタン科学アカデミーの学者、人民の代表者、平和の使者、タジキスタンの英雄であるミルゾ・トゥルスンゾダの生誕110周年の記念すべき年です。トゥルスンゾダはタジク民族とタジキスタンの名を代表し、そして世界に知らしめタジク詩人のひとりです。 トゥルスンゾダは1911年4月19日にタジキスタンのレガル地方、カラタグで職人の家に生まれました。彼はドゥシャンベの寄宿学校に進み、その後教育大学に進学しました。卒業後の1930年、「コムソモリ・タジキスタン」紙で記者になり、そのころに詩作を始めました。1935年にはタジキスタン作家組合に加入し1946年まで様々な文学上・記者としての地位で働きました。1946年から、生涯就くことになるタジキスタン作家組合の組合長に就任します。トゥルスンゾダの代表作として「祖国のために!」、「祖国の息子」、「インド民謡」、「私は東方から自由だ」、「ハサン・アロバカシュ」、「アジアの声」、「永遠の光」、「愛しの人」などがあります。トゥルスンゾダはその生涯の中でも一流の作家とされ、60以上の言語に翻訳されています。 ミルゾ・トゥルスンゾダは平和の闘士、推進者として世界の35以上の国を旅し、東洋と西洋の間で平和と友好関係の強化に比類ない貢献をもたらしました。   トゥルスンゾダはタジキスタンの文化的発展に非常に大きく貢献しました。その人気と名声により、彼はタジク人の英雄となったのです。加えて、1ソモニ札には彼の顔が描かれています。彼の名声を記念し、出身地はトゥルスンゾダの名に改められました。ミルゾ・トゥルスンゾダは1977年9月24日にドゥシャンベで死去しました。
    07.05.2021 16:55
  • タジキスタン・キルギス大統領の電話会談
    2021年5月1日、エモマリ・ラフモン・タジキスタン共和国大統領はサドゥル・ジャパロフ・キルギス共和国大統領と電話会談を行いました。 会談では、両大統領はタジキスタン・キルギス国境地帯の情勢正常化について議論を交わしました。 その中で、完全な停戦及び部隊の常駐地点への撤退についての合意の履行に関する問題について強調されました。 両大統領は、両国の共同対策チームの協働およびタジキスタン・キルギス国境における政府間国境策定委員会による協議の開始についても話し合いました。
    01.05.2021 18:22
  • Telephone conversation of the Minister of Foreign Affairs with the Special Representative of the UN Secretary General for Central Asia
    On April 30, 2021 a telephone conversation of the Minister of Foreign Affairs of the Republic of Tajikistan Mr. Sirojiddin ....
    01.05.2021 17:18
  • タジキスタン・キルギス大統領の電話会談
    2021年4月30日、エモマリ・ラフモン・タジキスタン共和国大統領はサドゥル・ジャパロフ・キルギス共和国大統領と電話会談を行いました。 会談の中で、両大統領はタジキスタン・キルギス国境で起こった武力衝突について話し合い、現在のタジキスタン・キルギス国境地帯の情勢について議論が交わされました。 両大統領は、情勢の安定化、悪化の阻止、特に、完全な停戦と部隊の決められた時刻での国境線からの撤退のための合意の確実な履行の重要性を特に強調しました。 また、タジキスタン・キルギス間の談話による国境線確定のための交渉プロセスを進展させることの重要性を指摘しました。 タジキスタン・キルギス国境における政府間国境策定委員会の会合を5月1日キルギス共和国のバトケン市で開催することで合意に達しました。 加えて、タジキスタン・キルギス間のあらゆる領域の問題を、良き隣人関係の精神と交渉と協議による相互理解に基づいて解決するとの点でも合意に至りました。 エモマリ・ラフモン・タジキスタン共和国大統領は、サドゥル・ジャパロフ・キルギス共和国大統領を近日中にタジキスタンへの公式な形での訪問に招待しました。 ジャパロフ大統領は、この招待を喜んで受けました。 正確な訪問日程については、外交ルートを通じて後日決定されます。 会談の結果、両大統領は、タジキスタン・キルギス間の良き隣人関係及び相互利益的協力に関する、この件のあらゆる問題を解決するための必要な手段を取るため、関連省庁に対しての指針を決定しました。 https://mfa.tj/.../telephone-conversation-of-the...
    01.05.2021 16:15
  • 共同声明:タジキスタンとキルギスは交渉を通したあらゆる問題の解決を望み、その用意があることの表明
    2021年4月30日、グリストン検問所とクズル・ベル検問所の間にある中立地帯において、サイムミン・ヤティモフ・タジキスタン国家公安委員会委員長およびカムチベク・タシエフ・キルギス国家公安委員会委員長主導でワーキンググループの会合が行われました。 会合では、両国国境地帯での情勢の安定化に関して議論がなされました。 会合の中で、交渉を通したあらゆる問題の解決を望み、その用意があることが表明されました。 その結果、4月30日13時から両軍はすべての兵と兵器を常備地点へと撤退させ、道路の封鎖を解き市民の移動を解禁することで合意がなされました。 このワーキンググループは、タジキスタン・キルギス両国の各国境警備隊主導の下、合意事項の実施を確実にするため創設されました。 また、5月1日にバトケン州で、タジキスタン・キルギス国境における政府間国境策定委員会の定例会が行われることが決定されました。
    01.05.2021 13:11
  • タジキスタン共和国外務省の声明
    2021年4月29日、タジキスタン共和国ソグド州・キルギス共和国バトケン州の国境地帯における武力衝突の平定に関するタジキスタン・キルギス両国の代表者による会合が行われました。 会合では、ソグド州・バトケン州国境地域における軍事活動の停止、軍や兵器の国境地帯から常備地点への移動、そして国境地帯での情勢安定についての交渉継続が合意されました。 これに関連し、両国における、合意事項実現と国境での情勢を緩和するための緊急策の実行を担当する機関から人員を派遣し、事態に対応するチームの創設が決定されました。
    30.04.2021 19:05

ギャラリー

カレンダー

  • business-portal_thumb.jpg