情報

  • 第2回ドゥシャンベ会議と国連水会議 - 2023に関するブリーフィング
    2022年2月2日、国際行動の10年「持続可能な開発のための水」2018-2028に関する「現地、国、地域、世界レベルでの水資源に関する行動とパートナーシップの促進」と題された第2回ハイレベル国際会議(Dushanbe、2022年6月6-9日)、そして、国際行動の10年「持続可能な開発のための水、2018-2028」の目標達成に向けた進歩の中期包括再検討に関する国連会議(2023年3月22〜24日、ニューヨーク)、この二つの会議についてのブリーフィングが外務省にて開催されました。ブリーフィングには、外交使節団、国際機関、国際金融機関、それぞれの長、と記者団が参加しました。  会議事務局長、アラル海を救うための国際基金の実行委員会の議長であるスルトン・ラヒムゾダと、オランダ王国の国際水協力特別代表であるへンク・オヴィンクは、ブリーフィングで第2回ドゥシャンベ国際会議と国連の水の10年再検討に関する会議2023の目標と計画を発表しました。 プレゼンテーションでは、世界開発アジェンダにおいてタジキスタンの過去20年間の水問題を推進するための努力が指摘され、タジキスタンが発議した水問題に関する国連総会の8つの決議が満場一致で採択されたという事実は、提起された問題の重要性を証明します。 現在、タジキスタン共和国大統領の2018-2028年の国際行動の10年「持続可能な開発のための水」に関する第4のイニシアチブが、国、地域、世界レベルで実施されています。 「地方、国、地域、世界レベルでの水資源に関する行動とパートナーシップの促進」と題されたでの第2回ドゥシャンベ国際会議は、2022年6月6〜9日にドゥシャンベで開催され、2023年にニューヨークで開催される予定の「この10年の中期目標包括再検討に関する国連会議の準備に向けた重要な世界的イベントであります。 国連水会議は、タジキスタン共和国とオランダ王国が議長を務め、2023年3月22日から24日にニューヨークで開催されます。この会議は、1977年にマルデルプラタで開催された高レベル水会議以来、この種類で最初の国連水会議であります。
    03.02.2022 21:58
  • Congratulatory message of Tajikistan President to Japan Prime-Minister
    "日本国首相閣下、 現代史における両国間関係の重要な日である、外交関係樹立30周年の機会に、あなたと日本の友好的な国民に大きな喜びをもってお祝い申し上げます。 この期間、両国の友好協力関係は着実に発展し、今日、一般に認められている相互の理解、尊重、そして信頼の原則に基づき、さらなる強化と拡大の段階にあり、嬉しく存じます。 この点で、タジキスタンにとって重要な人道、社会経済、運輸通信、その他の協力分野におけるプロジェクトの実現に日本は多大な貢献をしてきました。それを私たちは高く評価しております。 これに関連して、特に述べたいことは国際協力機構の積極的な活動と、「中央アジア+日本」対話の枠組みでの成長している両国間のパートナーシップの価値ある成果です。 私たちは関心を持っているのは、相互に利益が得られるすべての分野においてタジキスタンと日本の良好な関係をさらに促進することです。その見通しを肯定的にみなしております。新しい内容を加えて豊かにする方向に向かってこれからも共同ですべての必要な方策を取る用意があります。 日本国首相のご健康と新たなご成功を、そして、日本の友好的な国民の皆様には平安と、より一層の発展と繁栄を祈念しております. " 02.02.2022 http://www.president.tj/node/27652
    02.02.2022 20:04
  • 駐日タジキスタン大使と外務大臣政務官との会談
    2022年2月2日、駐日タジキスタン共和国大使ミルゾシャリフ・ジャロロフは、外務省で本田太郎外務大臣政務官と会談をしました。 会談の冒頭に、両者はタジキスタンと日本の外交関係樹立30周年を機に、お互いを祝福しました。 その後、本田政務官は、タジキスタン共和国の平和と国民統一の創設者及び国家の指導者である、エモマリ・ラフモン大統領に宛てた岸田文雄首相からの祝辞を大使に手渡しました。 一方、タジキスタン大使は、国の指導者であるエモマリ・ラフモン大統領から岸田文雄首相に宛てた祝辞の写しを政務官に手渡しました。 また、両者はタジキスタンと日本、それぞれの外務大臣からのお祝いのメッセージを交換しました。 会談の中で、大使と政務官は、この外交関係の全期間において両国間の友好的な協力が達成されたことについて満足であることを表明しました。また、相互協力をさらに拡大する用意があることを表明しました。
    02.02.2022 19:58
  • 「中央アジア・インド」形式での第一回国家元首サミットへの参加とスピーチ
    1月27日、平和と国民統一の創設者・国家の指導者、タジキスタン共和国の大統領、エモマリ・ラフモンが、「中央アジア・インド」形式での国家元首サミットの第一回会議に参加し、講演しました。会議はテレビ会議の形で行われました。 サミットでは、インド共和国のナレンドラ・モディ首相が議長を務めました。 サミットには、タジキスタン共和国のエモマリ・ラフモン大統領、インドのナレンドラ・モディ首相、カザフスタン共和国のカシム・ジョマルト・トカエフ大統領、キルギス共和国のサディル・ジャパロフ大統領、トルクメニスタンのグルバングリー・ベルディムハメドフ大統領、ウズベキスタン共和国のシャヴカト・ミルジヨエフ大統領が出席しました。 サミットの参加者は、中央アジアとインドの国々の間の協力の現状と、「中央アジア・インド」サミットの枠組みの中でのそのさらなる発展の見通しについて意見交換を行いました。 サミットは、中央アジアの国々とインドの間の外交関係の確立の30周年に捧げられました。 タジキスタン共和国大統領は、現在の友好関係と相互の政治的信頼のレベル、貿易経済界における文化と安全の分野での両国間の協力の成長過程を、この期間の主な結果として述べました。 これに伴い、国家元首は、インドは現在この地域の重要なパートナーであり、タジキスタンはこの国との多面的な関係の将来について楽観的であると強調した。 この点で、国家の指導者は、地域の国々の間の前途有望な協力分野に関する我が国の立場を表明しました。 まず第一に、貿易経済協力の優先性、そして、この分野での大きな可能性の存在が強調されました。 これに関連して、近年の中央アジアにおける貿易経済の結びつきを強化する活発なプロセスと、地域全体を占める経済的ダイナミズムの高まりが注目された。 「中央アジア・インド」の対話の枠組みの中で、この地域の国々の貿易の可能性を効果的に実施するための具体的な措置のプログラムを開発することが提案された。 産業、エネルギー、運輸・インフラ、農業の分野における共同事業実施のために投資をする方向では幅広い可能性があると指摘された。 この点で、食品および軽工業の分野、特に繊維、化学、医療産業、製薬、貴石および半貴石の加工における共同生産の創設におけるタジキスタンの関心が強調された。 これに関連して、国の長はまた、エネルギー部門における協力が経済の持続可能な開発にとって非常に重要であることと、タジキスタンは、再生可能エネルギー源から「グリーンエネルギー」を発電する能力を拡大するために、協力を確立し強化するプロセスに特に注目していると強調しました。 これに伴い、運輸交通の結びつきの拡大は、この地域の国々とインドの間の貿易経済協力を強化する上で重要な要素であることと考えられ、この過程で、タジク側が「ムンバイ・チャバハール・中央アジア」ルートに沿った交通幹線道路の開発に対して関心を持っていることと確認されました。 国の指導者は、食料安全保障を確保することの重要性の高まりは、農業部門における積極的な協力を必要とするという意見を表明した。これに関連して、農業部門を含む全体的な国々の経済に対する気候変動の害悪の強化プロセスが注目された。 この点で、国の大統領は、環境と生物多様性保護の分野における地域の国々とインドの間の協調的な実践的相互作用は協力の優先分野の一つとして特定した。 この並びに、文化的人道的関係のさらなる強化が協力のもう一つの分野として指摘されました。 これに加えて、教育、観光、医療の分野での協力を強化するための努力に対する我が国からの支持が表明された。 当事者の能力を踏まえ、新たなコロナウイルス感染の拡大に対抗し、その悪結果を防ぐための継続的な協力、並びに、特に医薬品を含む医療製品の共同生産の可能性の拡大が、重要な協力分野の中に挙げられました。 安全保障の分野では、困難な国際情勢を踏まえ、テロやあらゆる形態の過激主義、国境を越えた組織犯罪、違法な麻薬密売との闘いが優先課題の一つに挙げられました。 これに関連して、会議の参加者の注意は、アフガニスタンの困難な状況と、アフガニスタンの長く苦しんでいる人々に人道支援を提供する必要性に対する国連の呼びかけへの支持に向けられました。 終わりに、国家の指導者は、特に国連、SCO、CICAの枠組みの中で、この地域における建設的な多国間協力の経験を思い出させ、「中央アジア・インド」形式における地域の国々間の相互作用のさらなる発展の重要性を強調した。 会議の終わりに、国家元首たちはその結果について共同宣言を採択した。
    28.01.2022 10:57
  • 「中央アジア・中国」形式での第一回国家元首サミットへの参加
    2022年1月25日、ドゥシャンベ市 1月25日、平和と国民統一の創設者・国家の指導者、タジキスタン共和国の大統領、エモマリ・ラフモンが「中央アジア・中国」形式の第一回の国家元首サミットに出席し、スピーチをしました。サミットはビデオ会議の形式で開催されました。 会議は、中華人民共和国の習近平国家主席の元で行われ、中央アジア各国と中国の外交関係樹立30周年に合わせて開催されました。 サミットの参加者は、中央アジアと中国の間の協力の現状と、「中央アジア・中国」形式の枠組みの中でのさらなる発展の見通しについて意見を交換した。 タジキスタン共和国のエモマリ・ラフモン大統領はスピーチの中で、タジキスタンと中国の関係の発展と包括的な戦略的パートナーシップのレベルへのそれらのもたらしにおいて過去30年間に達成された結果を賞賛しました。 同時に、国家元首は、適切な法的枠組みの形成、相互信頼の精神に基づく継続的な政治対話、貿易・経済および投資協力における高い業績、特に大規模なインフラプロジェクトの実施についてこの期間の重要な成果として述べました。 国の指導者は、タジキスタンが最高レベルで両国間の建設的な政治対話を継続すること、そして、二国間および多国間形式の両方で、各方の戦略的パートナーシップにおける、さまざまな側面の内容を実践的な形で充実させることへの関心を強調しました。 この関連で、特に産業、「グリーン経済」の主要基盤としての「グリーンエネルギー」を含むエネルギー、運輸、および円滑な貨物輸送の確保、農業、そしてデジタル経済のセクターにおける貿易・経済および投資は優先分野として指摘されました。 国家首脳はスピーチの中で、「中央アジア・中国」形式で言及されたセクターにおける協力関係の発展、特に相互貿易を拡大し貿易量を増やすための追加措置の採用、また、一帯一路構想の枠組み内を含め、地域経済プロジェクトの実施のために積極的に投資を誘致するための適切な条件の提供について相互に有益な領域として定義しました。 気候変動、そして、地域への経済的なその悪影響を排除するために全側の積極的な協力が重要であることが認識されました。 世界保健機関の枠組み内を含め、特にパンデミックの中、感染症の予防と管理の面で相互に有益な協力を継続するために、健康の分野における協調行動の重要性が強調されました。 会議中、全当事者は現在の国際的および地域的状況を検討しました。 これに関連して、タジキスタン首脳は、困難な国際的および地域的状況、ならびに共通の脅威と課題の存在を考慮して、安全保障の分野での協力を拡大する必要性を強調しました。 テロ、過激主義、分離主義、ならびに国境を越えた組織犯罪および違法な麻薬密売に対抗するための対策が優先課題として挙げられました。 この点で、参加者はアフガニスタンの困難な状況に注目を集めました。 アフガニスタンの平和と安定を確立することへのタジキスタンの関心が再び強調され、アフガニスタンの人々に人道支援を提供するという国連の呼びかけが支持されました。 スピーチの終わりに、国家の指導者は、タジキスタンが、特に国連、SCO、CICA、そして、他の国際的および地域的組織の枠組みの中で、多国間形式での地域の国々間の相互行動の継続を非常に重要視していると述べました。 これに関連して、「中央アジア・中国」の形式において地域の国々間の協力をさらに発展させることが重要だと強調されました。 サミットの結果、国家元首は中央アジアと中国の間の共同声明を承認し、サミットで議論された提案と事業のこれからの実施に関して外務大臣に指示を与えた。
    26.01.2022 11:08
  • 集団安全保障条約機構の臨時会議
    10.01.2022、ドゥシャンベ市 1月10日、平和と国民統一の創設者・国家の指導者・タジキスタン共和国の大統領、エモマリ・ラフモンが集団安全保障条約機構のオンライン臨時会議に出席し、発言をしました。 会議はオンライン形式で開催され、集団安全保会議長・アルメニア共和国の首相ニコル・パシニャンの指導下で行われました。 すでに述べたように、1月10日はカザフスタン共和国での、暴動の犠牲者を追悼する建国記念日と宣言され、参加者は1分間の黙祷で会議を開始しました。 会議には、タジキスタン共和国のエモマリ・ラフモン大統領、アルメニア共和国のニコル・パシニャン首相、ベラルーシ共和国のアレクサンダー・ルカシェンコ大統領、カザフスタン共和国のカシム・ジョマルト・トカエフ大統領、ロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領、キルギス共和国のアキルベック・ジャパロフ首相、そして、集団安全保障条約機構のスタニスラフ・ザス事務総長が出席しました。 会議の参加者は、「カザフスタン共和国の状況とそれを安定させるための措置」について話し合った。 集団安全保障会議のメンバーは、カザフスタン共和国の状況とそれが集団安全保障条約機構(CSTO)加盟国の安全に与える影響について意見を交換し、カザフスタンの現在の困難な状況について懸念を表明した。 会議中、カザフスタン共和国のカシム・ジョマルト・トカエフ大統領がスピーチを行い、カザフスタンの状況とそれを正常化するための措置に関する詳細な情報を提供しました。 CSTO事務総長のスタニスラフ・ザスは、カザフスタン共和国への支援の提供に関する集団安全保障会議の決定の実施について報告しました。 タジキスタンのエモマリ・ラフモン大統領はスピーチの中で、カザフスタンの指導部が状況を正常化し、共和国の秩序を回復するために講じた措置を支持していると述べた。 国家元首は、CSTO加盟国における国際テロ、過激主義、急進主義の眠っている細胞の存在、ならびに市民の間での彼らの採用と宣伝活動に、評議会メンバーの注意を引きました。これに関連して、エモマリ・ラフモンは、これらの課題と脅威に対抗するために、CSTO加盟国の管轄当局の共同の包括的な行動を強化することを求めました。 タジキスタン大統領はまた、特に情報空間を保護するためのシステムを開発する必要性について、多くのイニシアチブを表明した。 CSTO加盟国の首脳は、カザフスタンの安全と安定を回復することの重要性を強調した。 会議中、参加者はカザフスタン共和国の安全を確保し、加盟国の安全への影響を防ぐために多くの議案を提案しました。
    11.01.2022 20:16
  • タジキスタン共和国大統領によるタジキスタン共和国国会に向けた演説
    12月21日、タジキスタン共和国政府の大ホール「コヒ・ソモン」にて、平和と国民統一の創設者・国家の指導者・尊敬するエモマリ・ラフモン・タジキスタン共和国大統領による、「タジキスタン共和国の内外政策の主な方向性に関して」との題名で国のマジリシ・オリ(国会)に向けた演説が行われました。 ホールには、幹部会とタジキスタン共和国のマジリシ・オリ(国会)のマジリシ・ミリ(上院)とマジリシ・ナモヤンダゴン(下院)の議員、首相、政府要人、タジキスタン共和国大統領事務局、各省庁、各国家委員会、大統領や政府のもとの各機関、中央司法当局やその他の法執行機関、タジキスタン国立科学アカデミー、高等教育機関、地域、都市、地区、投資プロジェクト実施センター、タジキスタン共和国第16回最高評議会の元議員グループ、公共評議会、タジク民族統一復興運動、多数の公的、政治的、創造的な団体、企業および機関、銀行、ビジネスコミュニティのそれぞれの代表者や指導者、及び率先的な青少年、外交団の代表者、メディアの代表者がご参加されました。 エモマリ・ラフモン・タジキスタン共和国大統領は、マジリシ・オリ(国会)への演説において、今後における国内政策と外交政策の主な方向性を定義し、外交政策の促進、及び経済、産業、エネルギー、道路インフラ、運輸、安全保障、防衛、法秩序維持、保健、文化、科学、教育、社会保障、青少年、スポーツ、観光の分野の発展に向けた特定の目標を策定しました。
    22.12.2021 14:26
  • インド・中央アジア対話外務大臣会合
    2021年12月19日、インド・中央アジア対話の第3回外務大臣会合がニューデリーで開催されました。 外相は、この形式を強化し、貿易と経済協力を拡大し、インドと中央アジアの間の地域間の相互連関を拡大する方法について話し合った。 シロジッディン・ムフリッディン外相は、経済と投資の発展の大きな可能性を実現するための協力の必要性を強調し、タジキスタンはインドと中央アジアの対話の活動をさらに強化することを非常に重要視していると述べた。これに関連して、インフラ、運輸、グリーン経済、デジタル化、および輸出の可能性と機会の拡大のための相互に関心のある他の分野における大規模プロジェクトの実施における可能な協力が強調された。 さらに、対話に参加した国々の代表は、世界的および地域的プロセス、特にアフガニスタンの状況と、この国の人道問題を排除するための世界共同体の関与について意見を交換しました。 会議の終わりに、第3回インド-中央アジア対話の結果に関する共同声明が採択された。
    20.12.2021 16:32
  • INCHEM TOKYO 2021」展示の参観
    2021年11月17日、駐日タジキスタン共和国大使ミルゾシャリフ・ジャロロフが 「INCHEM TOKYO 2021」の展示会を訪れた。今回の参観で大使は、UNIDO ITPO(国際連合工業開発機関 東京投資・技術移転促進事務所)がタジキスタンを含む12の開発途上国を紹介する展 示コーナーを訪れた。また、展示会では、大使閣下日本企業の代表者と個別に会談し 、タジキスタンへの投資やビジネスの機会について話し合った。 注目すべきは、11月18日、19日に引き続き、大きな展示会「INCHEM TOKYO 2021」が開催され、数千人の来場者が見込まれていることだ。
    17.11.2021 20:45
  • 駐日タジキスタン共和国大使と外務大臣政務官の会談
    2021年11月17日、駐日タジキスタン共和国大使館のミルゾシャリフ・ジャロロフ特命全権大使は、本田太郎外務大臣政務官と会談を行いました。 会談では、様々な領域における日本・タジキスタン間の協力関係での幅広い問題について、加えて、「中央アジア+日本」対話の枠組みでの両国の協力関係について議論されました。
    17.11.2021 20:38
  • 水と気候に関するハイレベル会合での講演
    02.11.20, ドゥシャンベ ハイレベルパネルのメンバーの皆様、 参加者の皆様! ご来場の皆様、 まず最初に、今日の会議を準備してくださった世界気象機関に感謝したいと思う。 気候変動は主に水資源を通じて私たちの生活や経済に影響を与えるため、水と気候は切っても切れない関係にあることはご存知の通りである。 我が国の氷河が急速に溶ける。現在、タジキスタンにある14,000の氷河のうち、1,000以上の氷河が完全に溶けている。 過去数十年の間に、中央アジア地域の水資源の60%以上を占めるわが国の氷河の総量は、ほぼ3分の1に減少した。 ハイレベルパネルの第1回会合では、タジキスタンをはじめとする世界各地の氷河の融解の例を紹介した。 このままでは悲惨な結果になることから、私たちは以前、2025年を「氷河を守る国際年」とし、特定の日を「世界氷河保護デー」とすることを提案した。私は以前、「氷河保護のための国際基金」の設立を提唱したことがある。 タジキスタン共和国では、これらの取り組みを様々なレベルで積極的に推進しており、「水と気候の連合」でも支援していきたいと考えている。 ご来場の皆様、 2018年、私たちは共に、「国際行動の10年『持続可能な開発のための水、2018-2028』」に関する国際会議を通じて、ドゥシャンベ・ウォーター・プロセスを進めるための強固で幅広い基盤を築きた。 イベント期間中、参加者は持続可能な開発への道における水問題の様々な側面について活発に議論した。 来年は、ドゥシャンベ・ウォーター・プロセスの枠組みの中で、国連やパートナー国の協力を得て、次回の「水の10年」国際会議を開催する予定である。 今回は、水と気候のつながりという最重要課題も取り上げられる。 ドゥシャンベ会議は、タジキスタンとオランダが共同議長を務める「国連2023年水に関する中期検討会議」の準備プロセスの主要な核となるものである。 タジキスタンは、水と気候の関連性が国連会議の議題として明確に取り上げられるよう、あらゆる努力をしていく。 参加者の皆様! ここ数十年、私たちの地域では気候サイクルに大きな変化が見られるようになってきた。 冬は寒くて長くなり、夏は暑くて乾燥している。 このような状況の中、現在、この地域では電力や水資源の需要が大幅に増加している。 また、水循環が変化しているため、この地域の河川流量が量的にも時間的にも変化している。 その一方で、この地域の既存の能力では、発電と水の調節の両面で、人口と経済の増大するニーズを満たすことができない。 昨年の夏には、タジキスタンが近隣諸国への電力輸出を一時的に停止せざるを得ない状況に陥った。 一方で、この地域の国々は、灌漑シーズンの最盛期に水不足に直面した。 今年の冬は早くて寒くて長かったので、新たな課題が出てきた。 また、今年の深刻な干ばつにより、地域の一部の国では家畜の大量死や作物の損失が発生している。 そのため、私たちは「アラル海救済のための国際基金」の議長を務めるにあたり、気候変動の影響を最重要課題としている。 この観点から、私たちは、気候変動への対策とその影響に対処するために、より強力で緊急性の高い行動をとるよう、地域の国々や国際社会に働きかける努力を続けていきたいと考えている。 ご来場の皆様、 私たちは、今日の環境において、現在の問題を解決し、グリーン経済を発展させ、持続可能な開発を行うための健全な基盤を築くことができるのは、非ユビキタス型のアプローチであると確信している。 私たちは、このプロセスへのコミットメントを再確認し、水と気候の問題に対する統合的なアプローチが優先されるよう、さらなる努力をする。 私たちのハイレベルパネルが、さらなる行動と適切な措置を求める国際社会、特に政治指導者の努力をさらに強化するために、このプロセスに価値ある貢献をすることを確信している。 皆さんの成功と幸運を祈っている! ご静聴どうもありがとうございます!
    03.11.2021 15:00
  • ハイ レベル パネル ディスカッション「気候変動対策の実施」
    27.10.2021 尊敬する議長、 ご来場の皆様! タジキスタンは、国土の93%が山地で占められており、その難しい地理的条件から、気候変動に対して世界で最も脆弱な国の一つである。 我が国の氷河は急速に融解し、水資源は日に日に枯渇し、洪水や干ばつなどの水文気象現象が増加し、毎年、経済に大きな損害を与え、持続可能な開発を達成するための努力を妨げている。 その意味で、気候変動が水資源に与える直接的な影響は明らかであり、この問題は国際社会、特に気候変動枠組条約の指導者たちが注目すべき問題であることを、私は改めて強調したいと思う。 この機会に、2025年を「国際氷河保護年」として宣言し、「世界氷河の日」を特定の日に設定するというタジキスタンの提案を改めてご紹介したいと思う。 タジキスタンは、国際社会に対して、清潔な水の主要な供給源である氷河を保護するための実践的な対策に、共同で努力と資源を動員することができる「国際氷河基金」の設立を繰り返し求めてきた。 最近、世界気象機関と国連水資源機関が、いくつかのパートナー国からの強力な支援を受けて、気候変動、飲料水資源の制限、水質の悪化に対処するための統合的なアプローチを提供する新しいイニシアチブを開始したことは心強いことである。 タジキスタンは、国や地域レベルでの水資源の合理的かつ効率的な利用に特に重点を置き、統合的な水資源管理への完全な移行に向けた努力を続ける。 同時に、タジキスタンは、国際行動の10年「持続可能な開発のための水、2018-2028」の発起人であり、「アラル海を救うための国際基金」の議長国として、この国際的な枠組みやその他の重要な国際的な枠組みにおいて、気候変動が優先されることを確認している。 ご来場の皆様、 同時に、世界の廃棄物に占めるタジキスタンの割合が0.0003%と低いレベルであることから、地球温暖化防止に対するわが国の貢献はプラスであることを指摘したい。 しかし、パリ協定では、タジキスタンは温室効果ガスの排出量を1990年比で80〜90%増加させないことを自主的に約束している。 国際社会の支援があれば、この数字は元の数字の65〜75%まで減らすことができる。 排出量の削減は、主に大規模な再生可能エネルギー、特に水力発電と太陽エネルギーの継続的な利用によって達成される。 この2種類のエネルギーを統合的に利用することで、クリーンな再生可能エネルギーの生産量を増やすことができるだけでなく、国内の水資源の持続可能な利用にも貢献することができる。 温室効果ガスの排出量をゼロにするという国際社会の取り組みを踏まえ、私たちは2050年までにグリーンエネルギーの生産能力を2倍にすることを目指している。 なお、タジキスタンは現在、電力の98%を水力発電所で賄っており、グリーンエネルギーの生産・利用率では世界第6位となっている。 特に3,600メガワットのログン水力発電所をはじめとする新しい水力発電施設の建設により、このランキングでは2つ順位を上げることになる。 また、タジキスタンが森林再生と林業拡大プログラムを実施するために努力していることにも注目したいと思う。 パリ協定に基づき、タジキスタンは最近、国の温室効果ガス排出量の新しいモデルを作成し、国連気候変動枠組条約事務局に提出した。 最後に、資本や科学技術といった必要な資源がない状態で目標を達成するには、何年もかかる可能性があることを指摘しておきたいと思う。 そのため、多くの開発途上国にとって、この分野での国際社会からの支援は、これまで同様、喫緊の課題となっている。 ご静聴どうもありがとうございます。
    27.10.2021 21:08
  • フランス共和国ギメ美術館で開催された「タジキスタン-黄金の川の国」と題したタジキスタンの展示会のオープニングセレモニーに参加
    13.10.2022, フランス 10月13日、タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領とフランス共和国エマニュエル・マクロン大統領が、フランス共和国ギメ美術館で開催された「タジキスタン-黄金の川の国」と題されたタジキスタン展示品展の開会式に出席した。 このイベントは、両国の文化協力強化の一環であり、各国首脳が文明と民族の和解に向けて大きく貢献するものである。 まず、タジキスタン共和国エモマリ・ラフモンが、タジキスタン歴史展示会の開会式にフランス共和国大統領を迎え入れた。 タジキスタンとフランスの文化的な関係は、他の協力分野と同様に、国際的な規範と相互利益の認識に基づいており、着実に発展していることに留意すべきである。 タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領は、フランス共和国エマニュエル・マクロン大統領がタジキスタンとフランスの関係を包括的に発展させるために尽力し、今日の展示会を開催したことに感謝を表した。 このイベントをきっかけに、両国の博物館の関係が確立され、この分野での協力がさらに拡大することが期待されている。 タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領とフランス共和国エマニュエル・マクロン大統領は、「タジキスタン-黄金の川の国」と題された展示会のユニークな展示物を見学した。 タジキスタン共和国エモマリ・ラフモン大統領は、ランス共和国エマニュエル・マクロン大統領に、栄光あるタジク人の歴史と文明、人類文明の発展に対するタジク人の傑出した息子たちの貢献、歴史的モニュメント、さまざまな世紀におけるタジクの国家像、タジキスタンの豊かな土地の古代性を紹介した。 ご存知の通り、タジク人は文明人であり、人類の共通の歴史の中で価値ある地位を占めている。 歴史的な調査結果によると、タジク人の古代の文化的・芸術的遺産は、紀元前4千年にまで遡ると言われている。 フランスをはじめとするヨーロッパ諸国の人々は、ユネスコの世界遺産に登録されている古代都市サラズムの新石器時代と青銅器時代のモニュメントを見る機会がある。 この展示により、ヨーロッパの人々は美しい山岳地帯にあるこの国についてより深く知ることができ、タジキスタンとフランスの協力関係を促進することができまる。 なお、タジク人の豊かな古代の歴史と文明、ユニークな芸術を表現するために、タジキスタン国立博物館とタジキスタン国立考古学博物館から211点の芸術作品がギメ美術館に持ち込まれ、フランス人にその自然の美しさとユニークな歴史を披露したのである。 タジキスタン国家の価値あるプレゼンテーションとして、タジキスタンの歴史的・観光的名所や、タジク人のユニークな歴史的・文化的遺産の写真やビデオを紹介している。 この展覧会の来場者は、「ゾロアスター教」、「アケメネス朝」、「グレコ・バクトリア国」、「クシャーン帝国」、「サーサーン朝」など、タジク人の様々な歴史的時代を通して、精神世界を豊かにする機会を得ることができる。 この展覧会の特徴は、展示されている遺物が現在のタジキスタン共和国の領土内のものである。 現在までに、ヨーロッパ大陸で西欧諸国に紹介されるタジキスタンの展覧会としては最大規模のものである。 ギメ - パリの東洋美術館は、19世紀後半に大富豪の実業家エミール・ギメによって設立された。 1879年にリヨンで開館した後、パリに移転した。アジア最大級の工芸品が展示されている。
    14.10.2021 20:23
  • ベルギーのフィリップ国王陛下との会見
    2021.12.10, ベルギー 10月12日、ベルギー王国の首都ブリュッセルで、タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンが、ベルギーのフィリップ国王陛下と会った。 今回の会談では、ベルギーとの互恵的な二国間協力とEU内での多国間関係の拡大に焦点が当てられた。 冒頭、タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、ベルギー側の温かい歓迎と真心のこもったおもてなしに感謝した。 タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、これまでのベルギー王国訪問、特にアルベール2世陛下との初会談を懐かしく思いながら、ベルギー王国はヨーロッパの重要な国であり、友好的な国であり、ヨーロッパにおけるタジキスタンの信頼できるパートナーであると強調した。 二国間協力のさらなる発展と拡大に関しては、エネルギー分野、様々な分野、タジキスタン経済への近代技術の導入などが、両国のパートナーシップの有望な分野として挙げられた。 会談では、地域レベルでの二国間関係についても話し合った。 地球規模の課題に対処するための相互の取り組みを支援するために、タジキスタンは2019年から2020年にかけての国連安全保障理事会の非常任理事国の後継者としてベルギーを指名し、ベルギー王国は逆にタジキスタンの地球規模の水や気候に関する国際的な取り組みを支援していることが紹介された。 タジキスタン、アフガニスタン、中央アジアのためのEUプログラムとプロジェクトの採択を歓迎した。 安全保障問題に関する議論では、中央アジアの安全を確保し、アフガニスタンの平和と安定を確立し、その平和的発展のために好ましい条件を整えることについて意見交換が行われた。 中央アジア諸国の安全保障は、アフガニスタンの平和と安定に直結していることが強調された。 また、タジキスタンはこの隣国の平和と安定の早期回復を支持しており、国連はこのプロセスを進める上で重要な役割を果たすべきであると指摘された。 タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、アフガニスタンにおける包括的政府の樹立に対するタジキスタンの確固たる姿勢を改めて表明し、両者は同国に平和と安定をもたらすための効果的な方法について議論した。 この文脈で、双方はアフガニスタンの問題に取り組み、テロリズム、過激主義、麻薬密売、サイバー犯罪、その他の国際組織犯罪の危険な現象など、現代の脅威や課題に共同で対処する用意があることを表明した。 会談の最後に、タジキスタン共和国大統領エモマリ・ラフモンは、ベルギーのフィリップ国王陛下をタジキスタンに公式訪問するよう招待した。
    13.10.2021 13:33
  • タジキスタン共和国大統領と欧州委員会副委員長、欧州連合外務・安全保障政策上級代表との会談
    2021年10月11日、タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、ブリュッセルで欧州委員会副委員長兼欧州連合外務・安全保障担当上級代表のジョゼップ・ボレルと会談した。 今回の会談では、タジキスタンと欧州連合の協力関係に焦点が当てられた。 タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、協力関係の発展に満足していることを表明し、EUは国際舞台におけるわが国の重要なパートナーであることを強調した。 会談では、経済や貿易などの有望分野での協力強化、教育や健康、地域開発などの様々な人道的・文化的分野での有益なプロジェクトの実施などが話し合った。 経済協力の全面的な発展は、タジキスタンとEUの関係における最も重要な側面の一つであることが強調された。 これに関連して、CASA-1000プロジェクトや「グリーン経済」の創出など、エネルギー分野での協力のレベルと内容に満足していることを表明し、さらなる拡大の必要性を強調した。 また、タジキスタンと欧州連合(EU)との間の協力・パートナーシップ協定の実施や、タジキスタンの関税恩典制度への加盟など、採択された文書の実施は、関係をさらに強化するために必要であることが強調された。 それに加えて、パンデミックコロナウイルスの撲滅に向けた協力、水資源の効率的な利用、気候変動、緩和、氷河の保護などについても意見交換を行った。 これらの会談の中で、タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、タジキスタン政府と国民を代表して、COVID-19の経済的・社会的影響に対処し、医療を強化するために1億1200万ユーロ以上を投じてタジキスタンを支援してくれた欧州連合に対して、深い感謝を表した。 また、欧州連合(EU)とその加盟国が、水問題と現代の最大の課題となっている気候変動の緩和に関するタジキスタンのグローバルな取り組みを支援していることに感謝を表した。 これに関連して、タジキスタン共和国の大統領エモマリ・ラフモンは、タジキスタンが電力の98%を水力発電施設から生産していること、すなわち環境に優しい資源から生産していることを述べ、世界で6位、温室効果ガスの排出量では135位であることを明らかにした。 一方、ボレル氏は、水問題や気候変動の緩和に向けたタジキスタン側の重要な役割を称賛した。 また、EUは地域的な結びつきの強化に関心を持っており、ドゥシャンベで開催される予定のG5+1外相会談では、これらの問題が交渉の焦点となるだろうと述べた。 安全保障問題に関する議論では、両国、中央アジア地域全体およびアフガニスタンの安全と安定の強化に焦点が当てられた。 両者は、この分野での相互に有益な取り組み、特にBOMCAとCADAPプログラムの実施によるタジキスタンとアフガンの国境保護の強化について言及した。 会談の最後には、我が国と欧州連合の多面的な協力関係が今後も拡大していくことへの確信が示された。
    12.10.2021 18:39

ギャラリー

カレンダー

  • business-portal_thumb.jpg